いつぞやに枯らせてしまった無念を晴らすべく、この冬はチューリップを育てています。 余っていた鉢に植えて玄関先に・・・