良品週間、もう少しで終了ですね。
 
 
 
先日やわらかポリエチレンケースの取り寄せの手続きをしに行った際に、ずっと悩んでいたアクリルのアクセサリーケース諸々を買ってきてしまいました。
 
  
 
良品週間マジックの上に、使いにくい5,000円商品券の保持というコンボが起こした奇跡です。(要は躊躇っていたんだけど商品券見て気が大きくなっただけ。)
 
 
 
 
どこの部屋でも使えるように持ち運びができる仕様のアクセサリーケースが欲しかったのですが

こんなの。
 
私が持っているアクセサリーはピアスと指輪の率が高かったためどうしても格子型の面積が広い物が欲しくて、行きついた先が無印のベロアの仕切りだったわけで。
 

 
 
そしてこれがキレイに収まって手軽に入手できるケースももちろん無印くらいしか見つけられなかったわけで。
 

 
持ち運びはしないようにしようと腹をくくって購入いたしました。
 
 
 
 
 
そしてダイソーで買ったこのケースに入っていたアクセサリーを
 

 
 
 
 
 
入れ替えました。
 

 
二部屋の仕切りの方はやや詰め込みすぎ感がありますが・・・。
 
 
 
 
以前、アクセサリーの断捨離と言うか厳選の作業を行いましたが、
関連記事/アクセサリーの断捨離をすべく、仕分け作業を行いました。
 
減らす目安はこの仕切りに収まる量を目指して取捨選択をしていました。
なので、結果としてはまぁまぁだったかなと。
 

 
アクリルなので中がきれいに見てとれます。上段はパッと見渡せるので選びやすくてとてもイイ。
 
 
 
上の段も引き出しですが、上面が開閉するのも使いやすいです。
 

 
使用頻度の高い麻覇王のペンダントも(無理やり押し込めたようにも見えますが)ちゃんと格子の部屋に収められてよかった。
 
 
 
 
 
 
 
先日指輪を磨いた話の際に『アクセサリーをちゃんと大事にしたい』みたいなことを書きましたが、アクセサリーそのものをどれだけ大事にしても、それらを入れるケースのとりあえず感とぞんざいに放り込んでいる感じが傍目にも大事な物という雰囲気を醸し出せずにいたのが結構気にかかっていたんですよね。
関連記事/金属磨き布で指輪をきれいに磨いた話。
 
 
アクセサリーの数がそれこそたくさんあったとしたらちょうどいい箱を探してフェルトなどを用いて使い良いアクセサリーケースを自作することも考えたのかもしれませんが、私が収めたかったのは『やっと厳選したいくばくかのアクセサリー』だったので、収納したときにおざなりにならないケースが欲しいと思っておりました。
 
また一方で、もう少し取捨選択が上達したらアクセサリーの数をもっと減らせるのではないだろうかという考えがチラッとよぎりましたが、たぶんこの数から劇的に減らすというのも私の性格上難しい気がしたので(しかし2部屋の方の仕切りの方はもう少し減らしたい)、この2段のアクリルケースが私にはちょうどいいんじゃないかなと納得しています。
つーかむしろピアスとか増えそうな気がするし。(え)
 
 
ということで、現在の私としてはサイズ的に適度で丁度良い収まり方ができたんじゃないかなと思っています。何よりずっと気になっていたことだったのでケリが付いてスッキリ。
ちゃんとケースに入れたアクセサリーを見ていたら愛着もひとしおに感じて、これからも大事に扱おうという気持ちになりました。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ