洗濯機が臭い。
 

 
我が家のドラム式洗濯機から出る臭気、これが最近の悩みでした。
 
 
 
そもそもは生乾きタオルが臭うようになってきたのが気になりだしたきっかけなのですが、よくよく嗅いでみると洗濯用ネットや私のリネンのボトムや子供のエプロンも臭う。つーか洗濯終わって取り出すときにすでに臭う。
これはタオル等に臭いがついているだけじゃなくて、そもそも洗濯機がダメなんだと気づいて愕然としました。
 
 
調べてみると洗濯機にはメーカー推奨の強力な洗濯槽クリーナーがあるらしく、それを取り寄せようとしてみたら説明書きに『浄化槽へは流さないでください』とあります。(我が家は浄化槽)(使えない)
 

使える環境ならこれが一番効果があるらしい。
 
かと言って市販の洗濯槽クリーナーはもう何度も試したけどさほど効果なかったし、洗濯機の扉は閉め切らないようにいつも止めてあるし、今時期は湿度が高くて洗濯物は乾きにくいし、子供たちが園でプールに入るから洗濯物は多いしで、なんだかもう八方塞がりでした。
 
 
  
 
しかし洗濯は毎日のことなので後回しにするわけにもいかず、何とかしたいところ。
何かしら解決策はあるはずだと調べたところ、洗濯槽のしつこいカビには粉末のハイターが断然効くとの情報が!

光明が差しました。
 
 
しかし改めて我が家の洗濯機の説明書を読むと、アルカリ性の酸素系漂白剤は試用しないでくださいの文言が。(え)
酸素系の漂白剤は、液体が酸性、粉末はアルカリ性のpHの特性を持ちます。粉末の酸素系漂白剤の多くは界面活性剤が入っている影響で泡が立ちすぎるため、特にドラム式の洗濯槽洗浄に適さないそうです。(洗濯機の機能として立ちすぎた泡を排出しようと槽内の溶液を流して薄めてしまうため。)

 
と、いうことは!
界面活性剤の添加されていない過炭酸ナトリウムのみの粉末の酸素系漂白剤を使えばいいんじゃないか!?
 
と、ひらめいて洗剤を収納している扉を開けたら私が洗濯槽クリーナー代わりに使っているしゃぼん玉せっけんの酸素系漂白剤が出てきました。(過炭酸ナトリウム100%)
 

 

 
私、コレ、月イチクライデ使ッテルノニ、臭イ・・・(膝から崩れる)
 
 
 
 
 
 
気を取り直して、使い方を改めてみようと思い更に調べてみました。定期的に使用しているのにもかかわらず効果が無いということは使用方法に問題があるに違いない。
そして粉末酸素系漂白剤は熱めのお湯を使うことで漂白効果が高まり、カビの除去を期待できるようになるとあちこちで見かけました。まぁ確かにそれが道理だよね、私めんどくさくてそこまでやってなかったわ。(え)
 
 
善は急げでさっそくいつも通り粉末の漂白剤をコップ一杯か二杯程度取り(量はテキトー)、バケツに入れてお湯で溶かします。漕洗浄運転の開始後注水になるタイミングで一時停止し、扉を開けて、溶かした漂白剤とあふれるぎりぎりのところまで追加のお湯を入れます。
あとは扉を閉めて通常運転。 
途中排水前に洗濯機の運転を止めて、漂白剤の力で剥がれたカビを掬い取らなければならないのですが、気が付いたら排水が終わっていました(え)
 
 
さらには洗剤投入口のトレイを外し、トレイも汚れていたので歯ブラシと綿棒で丁寧に洗浄。
勇気を出してずっと目を逸らし続けていたトレイの受け口の中を覗いてみると、口にも出せないおぞましさだったのでその中も手が届く範囲でショップタオルを何枚も使ってきれいに掃除しました。(この作業で私のHPが限りなく0に)
 

洗って繰り返し使えるはずだけど洗う気にならずじゃんじゃん使い捨てました。
 

中はとてもお見せできるレベルではなかった・・・。
 
 
さらにさらに、洗剤投入口がこれだけ汚れているということは、その先の配管も汚れているはずと思い、無駄なあがきかもしれませんが、やはり熱めのお湯を用意し、洗剤投入口からじゃばじゃばお湯を流し込みました。
せめて溶け残った洗剤くらいは流せている、はず。だと思いたい。
 
 
そして、洗濯機を信じられなくなってしまった私は同様の洗濯槽洗浄をさらにもう一度行い、終了後はコースの最後に行われる槽乾燥によって加熱されたドラム内を扇風機で送風して冷ましました。
 
 
 
 
 
 
そしてその夜、恐る恐る洗濯を敢行。
洗剤残りがカビの素になると思われたので洗剤は直接槽内の洗濯物にふりかけ、柔軟剤は無しです。
 
すると洗濯が終わって扉を開けてすぐ漂っていたあの匂いが無い!
よくよく嗅げば何かしら臭わなくもない気がしますが、ビフォーを思えば充分合格点だと思います。
洗濯物そのものも臭い無し。もともと臭っていたタオルまでキレイに・・・とはいきませんでしたが、やっとホッとすることができました。
 
 
洗濯槽と洗剤投入口のどちらが悪者だったのかはわかりませんが(たぶん両方)、これからはもう少し気を使って洗濯機の手入れをしようと思いました。 
 
 
 
今後の教訓としては

 洗濯槽洗浄を定期的に行う
 洗濯槽洗浄の際は必ずお湯を使う
 洗濯洗剤は直接槽内の洗濯物にかける
 洗剤投入口のお手入れを怠らない

 
以上を心にしっかりと留めて洗濯人生を歩んでいこうと思います。
 
 
柔軟剤はいっそもうやめちゃおうかなと悩み中。
粉末洗剤とかせっけん洗剤とかについてももう少し勉強してみようと思います。
あと、次洗濯機を買うなら絶対縦型を買おう。
 
 
 
 
 
ちなみに我が家の洗濯機は、乳幼児用のおもちゃとして買ったけど見向きもされなかったピコピコ鳴るカエル君に

 

 
こんな風に挟まってもらって扉を開けっ放しにしております。
よく、友人とかから洗濯機用グッズとかなのかと聞かれますが、主な売り場は赤ちゃんのおもちゃのあたりです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【追記】(2017.8.31)
 
その後、

洗濯洗剤は洗濯槽内の洗濯物に直接振りかけて投入(洗剤トレーには入れない)
柔軟剤も不使用(使いたいんだけどすすぎの時にタイミング良く投入するのが難しくて諦めた)
思い出した頃に粉末酸素系漂白剤とお湯で槽洗浄を行う
選択が終わったら洗濯物を間髪入れずに出す
 
を続けておりますが、これまでドラム内が臭うような事態には陥っておりません。あれだけ臭って困っていた使い古しのタオル達も、洗濯機をいったんきれいにしてこの洗い方に変えてからは臭うことが無くなりました。むしろ臭いが染みつき始めていたタオルは何度か洗ううちに臭いが無くなったほど効果テキメン。
(ただし洗濯の運転が終わってすぐに出さずに放置するとあっという間に洗濯物自体が臭くなってしまうので、その点を一番気を付けています。)
 
 
この記事の奮闘時期と高温多湿具合はさほど変わっていないし(むしろ梅雨明けから雨が多かったので洗濯環境は悪化してた)、環境要素で改善したのではなく手段の改変により改善されたのだと思っています。
ということはドラム裏の汚れも然ることながら洗剤投入口付近の汚れが臭いの大きな要因だったと推測されます。確かに洗剤トレーと洗剤の投入口は汚れやすく残った洗剤類を餌にしてカビの温床になりやすいので、ここを使う場合は小まめな手入れが必要だと感じました。
 
逆に洗濯機メーカーはここの手入れがしやすい洗濯機を開発したらいいんじゃなかろうかとも思うんですが、いかがなもんだろう。
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ