先日楽天マラソンで買ったカファレルのチョコが届きました。
 

 
   
一番大きい箱は既にお嫁に行きました。
 
 
どれもかわいらしくてワクワクします。
まぁ、ほとんど人にあげるものなのでワクワクも減ったくれもないんですけど、でもまぁ、喜んでもらえたらそれはそれで本望です。
 
楽天のページにラッピング非対応とあったのですが、何も指定しなくともギフト用のシールが貼ってありました。
 

 
想定していなかったのでこういうのは嬉しいですね。カファレルがギフトやご褒美的に利用されていることがうかがえます。
 
 
 
 
 
 
 
ところで自分用のこのチョコのひっそり感たるや。
 

 

 
ほんの5粒。一粒200円程。(缶代考慮せず)
 
この5粒を見ていたら、むかし友人が買ったばかりの大好きなピノを目の前にして悲しそうにしていたことを思い出しました。
どうしたのか聞いてみると、悲しそうに友人は答えました、『頑張っても6口で終わっちゃう。。。』と。
 
りえちゃん、カファレルのジャンドゥーヤのチョコ、ピノより一粒少ないし、ピノより粒が小さいよ・・・。(しかも単価は比にならない)
 
 
 
 
 
 
自分用のチョコが小さいのはケチったというのもありますが、実は別に理由があります。
楽天マラソンの告知より少し前からなんですが、私がカファレルのチョコが食べたいカファレルのチョコが食べたいとずっと言い続けていたら、マラソンでポチる直前に夫が東京出張の際にグランスタで買ってきてくれたんです。
 

わぁぁぁぁ(テンション急上昇) 
 
 
 
ちなみに小さいてんとう虫のチョコは子供たちのお土産。長女は既に開けてたので次女のを借りて撮りました。
いやぁ、しつこく言い続けて見るもんだなぁと思いました。(え)
 
 
 
開けてみるとかわいいホイルでラッピングされたチョコがたくさん。
 

 
 
次女は写真のチョコを片っ端から触った後、自分の分だと気づいたてんとう虫チョコを無心で開けておりました。
 

 
 
 
高価なチョコだというのにバクバク食べる私。おいしゅうございました。
チョコは甘め。
パッケージも甘め。
女子受けいいだろうから、若い子たちはホワイトデーのお返しとかカファレル缶にすればいいと思います。
 
 
 
 
 
 
話は逸れますが。
実は私が(主に夫に向けて)カファレル騒ぎを始めたきっかけは、カステヘルミのキャンドルホルダーだったりします。
 
今回のカファレルのお菓子は友人の誕生日プレゼントにと考えたから購入に至ったのですが、そもそも友人たちへのメインのプレゼントはカステヘルミのキャンドルホルダーにするつもりでいます。
関連記事/友人のプレゼントにカステヘルミのキャンドルホルダーを買いました。
 
それで、プレゼントを受け取った友人がイッタラの箱を開けたらティーライトキャンドルではなくキャンディを入れたカステヘルミのキャンドルホルダーが!、というシナリオを立てた私は、どうせカステヘルミに入れるのならかわいいパッケージのキャンディがいい!粒のパッケージがかわいいお菓子と言えばカファレル!という展開で今回のカファレル購入に至ったわけです。
 
カファレルと言えば私の中ではチョコのメーカーさんだと思っていますが、時期的にかつ状況によってはチョコだと溶けてしまう懸念があったので、念のためキャンディを選択。でもキャンディの缶がかわいかったので結果オーライです。しかもプレゼントするはずの缶を先に開けるのは話がおかしくなるので、キャンディはカファレル缶のまま渡そうと思っています。(え)
 
うんそう。本末転倒だね。
 
でもいいんです、もちろん相手が喜んでくれるのが一番ではありますが、プレゼントなんて最終的には自己満足なんですから。
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに夫が買ってくれた缶のチョコの中で一番私の好みだったのはジャンドゥーヤビターチョコレート。
 

 

 
コレ。
夫のおかげでいろんなチョコを食べられたから、次は好みのチョコだけを買ったというわけなのです。
 
 
友人には溶ける心配と缶のかわいらしさからからキャンディを選んだ私。なんだかちょっと腹黒く感じるのは気のせいでしょうか。いいえ、プレゼントは自己満足だからこれでいいのです。(え)
 
 
 
 
 
 
おしまい。(え)
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ