我が家はリビング階段を採用しております。
 

 
リビング階段にするか、リビング外階段にするかは結構悩んで、最終的に、全体的に気に入った間取りを採用するならリビング階段しか選べないという消去法によってリビング階段が採択されました。気に入っているので、結果オーライです。
 
 
 
 
リビング階段を選択するにあたって一番引っかかっていたのは、冷暖房効果が階段を伝って軽減されてしまうことでした。特に冬は暖房の暖かい空気が階段から2階へと昇ってしまって1階が温まらないんじゃないかという懸念があったので、ハウスメーカーの担当さんと相談し、カーテンで仕切れるようにしようということになりました。
 
 
階段入り口の上部。その、レールです。
 

 
このレールの位置は、ハウスメーカーのカーテンやさんの社長さんが、絶対にこの位置がいいと主張し、階段の内側にレールを付けたいという私の意見を半ばねじ伏せる形で付けられたものです。出来上がって見てみても、リビング側から見えるこのレールの主張が本当にイヤでならなかったので、自分の意見を押し通せばよかったと後から思いました。
 
 
 
 
その後カーテンの縫製の仕事をウン十年してきた伯母に階段を仕切るカーテンを依頼しました。伯母は針仕事が趣味なので、喜んでカーテンの作成を引き受けてくれました。
そしてサイズを図るために我が家に来てもらった時、現状を見て伯母も私と同じことを思ったそうです。
 
カーテン屋が付けたこのレールの位置だと、
 
レールが一面一面分かれているので2枚のカーテンを用意しなければならない
階段側面のカーテンは位置的に不格好になってしまう
階段正面のカーテンはリビングの入り口のドアにかかってしまって邪魔になる
この位置にカーテンを掛けると階段の始まりがわかりずらくなる
この位置のカーテンはどうしても圧迫感が出てしまうので見栄えが悪い

 
というのが理由で、どうしてこの位置にレールを付けようと考えたのか理解できないといっていました。
ちなみにこの意見に関しては、引き渡し時に見た時から夫も同意見です。このレール位置、反対意見しかないよ!
 
 

 
階段上部のレールの位置と、リビング入り口のドアの位置を見ると、カーテンを掛けるとリビング入り口の戸に間違いなく干渉することがわかります。
ない、ないわコレ。
 
 
 
そして伯母と相談し夫にも意見を聞いて、満場一致で、階段を数段上がって階段が折れる手前の位置の上部にレールを付けてカーテンを掛けることにしました。
 

 
近所のカーテン王国にてレールを購入、長さはカットしてもらいました。そして設置も思っていたよりも簡単に自分で付けられました。
追加料金払ってハウスメーカーのカーテン屋にレール付けてもらわなくてもよかったわと思うと自分の浅はかさに悲しくなりましたが、勉強代だと思おう・・・しくしく。
 
 
 
そして。
自分で付けられる物と同様の物は外せます。ずっと気に入らなかった因縁のカーテンレールは私の手で撤去しました。
 

 
スッキリ!
 
 
伯母が作ってくれたカーテンを掛けるとこんな感じです。
 

 
カーテンの位置が階段の途中になるので子供たちが階段を上がりながらカーテンを払いのけようとすると危ないかとも思いましたが、うちの子供たちは駆け上がるようなこともないし、足が引っかかるような位置や長さでもないので今のところ危険を感じるようなことはありません。
 
色は白とブラウンで悩みましたが伯母の勧めからブラウンに。少し奥まっているし、建具と似たような色味のおかげかそれほど圧迫感を感じることもなく、また、白にしたら汚れや色褪せが気になりそうなことを考えると、ブラウンでよかったなと思っています。
 
 
エアコンを付けない今のような時期は、基本カーテンは寄せてあります。
 

 
外してもいいのだけど、めんどくさがりなもので・・・。
 
 
 
 
 
さて、本題の冷暖房効率ですが、カーテンのあるなしでだいぶ違いますよ。

違うとはいえど、夏場の冷房については、実はカーテンが無くてもそれほど気にならなかったりします。冷房の冷たい空気は下に溜まるので、階段を上って消えてしまったりはしませんし、熱い空気が下に降りてくるということもさほどありません。もちろん階段の当たりで熱交換が行われて多少のロスもあるでしょうが、実感としてはカーテン無しでもさほど気になりませんでした。
 
しかし、想定してた通り、冬は断然違いが出ます!
温かい空気は上に昇る性質がありますから、階段をオープンにしておくとそこからどんどん暖気が逃げますし、逆に階上の冷気がガンガン降りてきます。カーテン一枚でその冷気暖気の行き来がさえぎられるので、冬はむしろカーテンが無いと悲惨な目にあったと思います。我が家は2階の上に小屋裏があり、基本的にはリビングから2階ロビー・小屋裏まで、ドアなど遮るものが無いので、それぞれの部屋で暖房をつける方が効果的なのでしょう。
 
これについては、我が家は子供が小さいこともありあまり2階を使うことがないのでなおさらだと思います。ですが各階等しく使っていて全館空調のように使うなら、逆にカーテン無しで開けておいてもいいかもしれませんね。
 
 
我が家で採用したカーテンでの仕切りですが、夏場は上記の通り問題ありません。冬場も大活躍です。
しかし飽くまで簡易的に区切っただけなので、特に冬場の冷気については完全にシャットアウトすることはできません。部屋の中でもリビングの奥側と、階段の近くにあたる入り口側とでは体感が異なりますし、カーテンと壁などの隙間から少しずつ暖気が逃げて冷気が降りてくるのは否めませんので、気になる方にはオススメできない方法ですので悪しからず。
我が家ではこれで解決としておりますし、結果的にはまぁまぁ快適なので良かったと思っています。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ