我が家のキッチンはIHヒーターを使用。おっちょこちょいな私にぜひ火を使わないキッチンを!と夫が勧めてくれての選択でした。安心感とお手入れは抜群です。
 
ただし海苔をあぶることができないのが唯一の欠点。
(諦めて海苔はオーブントースターであぶってます。)
 
 
 
そんな我が家のIHは、ハウスメーカーの担当さんが引き渡し時にプレゼントしてくれたIHマットを使って保護していますが、入居後しばらくはIHマットの重要性を理解しておらずそのまま使っていたため、その当時の焦げ付きがずっと残っておりました。
 

 
拭いても拭いても取れないので半ばあきらめていたのですが、IHのパネルをメラミンスポンジで磨いている方のブログを拝見しまして、メラミンスポンジで焦げ付き落とせるかも!と思ったのでやってみました。(ちなみにそのブログを見たのはずっと前。わかっていながらしばらく放置してました。)
 
 

そして必死の15分経過。
 

 
めっちゃきれいになった!
メラミンスポンジの潜在能力おそるべし。この上にIHマットを敷いて使えばもう焦げ付くことも無かろうと思います。
 
 

久々のピッカピカー
 
 
 
 
 
 
ところで担当さんに貰ったシリコンマット、3年近くも使ったのでもう焦げ焦げです。
 

 
これまで写真に写りこんでしまう時は外していました。
写真からは除外するほどに焦げ焦げしいのに、使う分には問題なかったため、まだいけるまだいけるとマットと自分に呪詛を唱えながら使い続けておりましたが、表面が解けて剥がれだしたのでいい加減潮時かなとようやく思えるようになりました。
 
遠目に見てもとっても残念。
 

 
 
 
 
 
調べたら同じものはベルメゾンネットで売っていました。

 

ベルメゾンネット 
 
 
 
IHマット、IHヒーターのメーカーさんは推奨しないようなので自己責任で使うまでなのですが、私がこのシリコンマットを気に入っている理由は『焦げ付き防止』の機能もさることながら『鍋の当たりがソフトになる』という点にあります。
ズボラで粗雑な性格かつ腕力が衰えているので、鍋を置くときにどうしてもそっと置くことができません。でもこのマットを敷いておくことで、鍋とパネルがぶつかる時の衝撃が抑えられて、不快な音も出ず傷も付かず、多少の粗雑さでもIHを快適に使うことができるのです。
 
 
ちなみにベルメゾンのこのシリコンマットは直径が24㎝あります。楽天などでも同種のものは売ってはいたのですがどれも径が小さく、衝撃を抑える目的を重視して使うのであればこれまで使っていたものと同様に大きめがいいなとベルメゾンで買うことにしました。
 
楽天だとこちらが人気の模様です。

 
 
 
 
 
私はベルメゾンネットにてシンプルなモノトーンの物を発見。

この中の黒をポチリました。
 
 
 
届いたので早速。
 

 

 
よく見ると、鍋が当たる面にはエンボス加工。
 
 

   
パネルも黒基調なので、ぱっと見は違和感がありません。
 
 

 
このマット、大きめを選んだだけあってIHの場所を示す円の目印よりも大きいです。IHヒーターの場所を示すパネルに描かれた円をマットで隠してしまうため、真っ黒だと位置がわかりずらいかなとも思いましたが、パネルとマットで素材が違うので位置がわかりずらいということもありません。むしろ黒はマットがちょっと焦げ付いたくらいなら気にならなそうだし、長く使える色だと思いました。
 
 
 
 
しかもこの遠目からの姿がいい。スッキリしてる!
真っ黒にして正解でした。
 
 
 
 
 
ついでに同商品の黒のストライプも一緒に購入し、一足早く母の日のプレゼントとして渡しました。
実家のキッチンもIHにしたのですが、私以上に超租雑な人種である父がちょくちょくキッチンを使うため、IHパネルの損害は激しそうです。
 
ちなみに実家に送ったのはブラックのストライプのタイプ。鮮やかな柄物の方が母は喜ぶかなとも思ったのですが、うっかり私の趣味で選んでしまいました。
画像お借りしました
 
几帳面な母の負担を減らすべく、このIHシリコンマットが活躍してくれることを願っております。
 
 
 
 
 
IHシリコンマットは焦げるとか溶けるとか、センサーを遮ってしまって鍋を感知しなくなるとかいろいろ聞くので自己責任で使ってくださいね。でも私としてはおすすめですし、これなしではちょっと心配なくらい頼っています。
新築祝いで贈っても結構喜ばれるのでプレゼントにもおすすめですよ。
 
 
ベルメゾンネット
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ