ずっと気になっていた洗面所の洗濯洗剤の類。
 

 

 
 
洗面台の下の扉の中にこれらの洗剤を入れるスペースは確保できるのですが、毎日のことなので出し入れが手間で、基本的にはこの窓枠のところに置きっぱなしでした。そして、友人などの来客が事前にわかっている場合はその時だけ洗面台下にしまっていました。
 
 
 
それで充分だといえば充分だったんですけどね。でもその自分を偽っている感じが何となく嫌で、ずっとモヤモヤしておりました。できるだけ嘘偽りなく、かつ楽チンでありたい!というわけで模索。
 
一時期は洗剤を替えることを検討していたのですが、
 

洗濯洗剤・おしゃれ着洗剤・柔軟剤がこれ一つでカバーできる、衣類と自然に優しい洗剤だそうです。
 
しかしお財布にはやや優しくない感じがしたのと、部屋干しの多い我が家には適さないんじゃないかと思い断念。
 
 
 
仕方なく現状続行していたのですが、ある時こちらを見かけ、
 

 
ボトルを替えればいいのか!と気づきました。(え)
普段から詰め替え用を買って詰め替えてるんだし、手間は変わらず、洗剤の中身も変わらず、見た目は変えられるわけです。
 
そういえば食器用洗剤を無印のポンプボトルに変えた時も同じこと思ったんですよね。固定概念になってしまっていることに気づくのって難しいんだなぁと感じました・・・。
 
 
 
 
そんなわけで楽天セールの際にポチリ。ボトルを購入ついでにラベルシールもお買い上げです。
 

 
しばらく放置していましたが、昨日ようやく入れ替えました。
 
 
 
 
 
 
 
ところでちょっと話はそれますが、洗濯機の洗剤量の表示って中途半端で不親切だと思いませんか?
我が家の洗濯機は必要な洗剤量を、
 

 
このように訴えてきます。
 
0.3杯って何だよ。
我が家の洗濯機は洗濯物量が9kgまで対応するので、9×0.3=2.7kg、と言うことか?
 
 
 
片や洗濯洗剤の表記も、
 

 
とザックリしていて、じゃあ2.7kgだったら何ml必要か、ということが分かりづらいです。
 
 
 
洗濯機も段階表示でいいから、単純に洗濯物の重量を表示するようにして、洗剤は洗剤で洗濯物量1kgで何ml使えばいいのかを表示してくれればいいと思うんですよね・・・。
必ずお互いが必要になるんだから、どっちのメーカーさんもわかりやすい表示にしてくれればいいのにと、洗剤を替えるたびに思います。
 
 
 
 
 
そんなわけで計算しました。
うちの洗濯機は、0.3 → 0.6 → 0.8 → 1.0、と表示するため、最大量の9kgを乗じてそれぞれの場合のkg数を出して、それぞれの洗剤量と擦り合わせて、必要洗剤量をmlで出し、新しく用意したボトルのキャップ何杯分かを算出。
 

 
私はAhoo!なのでこれがめんどくさくてボトルの入れ替えを先送りしていたという説もありまする。
表にして印刷して(字が汚いので手書きは致しかねます)、scopeさんから貰ったハーフサイズのクリアファイルに挟みました。
 

 
でもこれ、マステに書いて直接貼っちゃった方が便利な気がするなー。だったらいっそのことテプラで印字しちゃった方がいいかも?むむむ。
ひとまずこのファイルは暫定的に置いておくことにします。
 
 
 
そしてようやく入れ替えて、シールも貼って。
 

 
このボトルのいいところはキャップの下のジョイント部分も外れることと、再度のくぼみがあることで四角のスッキリした形ながらも持ちやすいことだと思います。
 

 

 
 
 
そして完成。
 

 

洗濯機の向きがおかしいのは気にしないでください。私も直したい・・・。
 

 
 
夫が使う時も、洗剤量に困惑することもないだろうと思いますし、見た目がすっきりしたのでとても満足です。
これで嘘偽りなく洗剤を出しっぱなしにできるわー!
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!