先日のお買い物マラソンで買った卓上ポット、保温のみのやつ。
すごく便利です。
 
img_1337
 
デザインより扱いやすさ重視、かつお値段お手頃のサーモスさん。

私のとちょっと形が違いますが。↓

  
 
寝る前にお湯を沸かして入れておくと、朝から手間なしで温かいお茶が飲めます。温かいというかむしろ熱い。真冬は保温がどれくらい持つのかが気になるところですが、私は猫舌なのでそう問題なさそうです。
 
 
img_1338
 
今はもっぱらルイボスティーばかり飲んでおります。

 
 
でもたまに緑茶が飲みたくなるんだよなー、紅茶とかものみたいなー、とか思うので、やっぱり急須や茶葉を一緒に置いておく方が便利かな?とも思います。

img_1335
 
これ並べてみて気付いたけどこれだと出がらしの茶葉を捨てたり、お茶の種類を変える時に急須を洗ったりする必要があるので手間だと気づき止めました。やっぱりテーブルの上にはお湯とティーパックのみを置いて、急須やポットなどを使う場合はキッチンに置いてあるウォーターサーバーのお湯を使うようにしようと思います。
もういっそお茶をこの卓上ポットに入れておいてその中身が終わるまでは他のものに浮気しないようにすればいいかな、なんて。
 
 
 
 
お手入れなど使い勝手ですが、サーモスと象印を比較してサーモスの蓋は回すタイプなので扱いにくいという評判を見かけましたが、これについてはさほど面倒には感じません。もちろんつまみを押して取るだけの象印の方が簡単だとは思いますが、回すのによほど腕力が必要ということもなくくるくると回せますし、ちゃんとしっかり締まりますよ。
 
その蓋の部分ですが、
img_1345
 
 
分解するとこんな感じ。
img_1340
 
 
蓋の一番上の分解を外すのが固くて難しくて手こずっていたのですが、窪みにスプーンとかの柄を差し込んで捻るというてこの原理を使って開ければ簡単に開けられるようになりました。
ちなみに『分解するのも洗うのも簡単』とレビューしている人がかなり多かったので一般的には簡単に洗える部類なのだろうと思いますが、私にはこの蓋の手入れが手間に感じております。溝とか多いし、お茶を淹れたりコーヒーを入れたりして使うと汚れが溜まりそうな気がする。
 
 
デザインは、同じサーモスの黒陶の色のものが良かったなとはいまだに思いますが、

洗う時に手を入れて中を心置きなく洗えることに満足しているので、口径が小さくて手の入らなそうな上記の物だとさらにストレスを感じていたんじゃないかなと思います。
 
ちなみにこんな感じ、余裕で手が入ります。
img_1348
 
私の手はたぶん女性の一般的なサイズ。
夫のちょっと分厚い手のひらだと入らないと思います。
 
 
 
 
何を選ぶかは好みと優先順位ですよね。私はデザインより使い勝手を優先しただけで(あとお値段も)、使い勝手は二の次にできる性格ならもっとオシャレなのをテーブルに置きたかったとも思っております。
 
こんなのとか
 
 
アルフィのレトロ感たまらない。
 
 

柄の部分とか形がスタイリッシュで憧れるー。
 
 
しかし我が家の雰囲気と財政状況と取扱者の慎重さが合わなそうで断念しました。いつか我が家のサーモスくんが壊れたらまた考えたいと思います。
とりあえずは現状に満足しているって話でした。
 
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ