ちょっと前の話。
今回の話題はプチプレゼントです。
 
 
昨年末12年近く勤めた会社を退職しました。
育休からそのまま退職だったので所属もなく人知れずそっと辞めていく形になったのですが、後日何人かの方達で送別会を開いてくださることになりました。ありがたや。
そうとなれば、集まってくれる方々に何かプチプレゼントを用意しようかなといろいろ検索。下調べも兼ねて、いつもお世話になってる楽天様へゴー。
 
私が働いていた職場でも、転出退職の際には皆さんにお菓子を配ります。大体予算は一人100円程度、個包装のお菓子の詰め合わせがほとんどでした。
しかし女子の退職の際はそれのみならず、500~1,000円程度の小物(9割方ハンカチ)を身近な人にお餞別代りに渡すという風習が。
しかも、私がもともと所属していた場所は70人超の大所帯、担当の係だけでも20人ほど。
 
70×100=7,000円
に加え、
500×20=10,000円
 
退職して収入がなくなるというのに死活問題ですよ。
幸い私が退職する頃にはハンカチの方の風習も廃れはじめてましたけどね。
 
しかも私は退職時、育休中だったため(諸事情により復帰断念)、所属も特になかったので退職手続きを取ってくれた方々にお礼をする程度で職場とのやりとりもほぼ終了。
それとは別に私の復帰を心待ちにしてくれていたパートのおばちゃんや後輩達への挨拶がてら、もともと所属していた部署にもご挨拶をしてきました。もちろんお菓子持参。遠慮はされましたが、こちらも予算を下げつつの選定でしたし、もらえば嬉しいし、ねぇ。
 
 
ちなみに持って行ったのはこちら。
 

 
資生堂パーラーは、名前も分かりやすいし、お使いにすると評判がいいのでちょっとしたプレゼントとかにちょくちょく使います。
 
 
 
 
個人的にはこれも好き。おいしい。
 

 
 
 
 
さて、話がそれましたが、今回探していたのは送別会のプチプレゼント。
集まるのはほとんどが、一緒に仕事をしたことがあるけれどもうその部署には居なかったりすでに退職していたりする方々です。なので先のお菓子の件とは全く別となります。
ギリギリ一桁の人数なので一人500円程度で揃えたいところ。
恒例のハンカチを贈るのは何となく嫌で、形あるものじゃなくて消え物の方がいーかなーお菓子かなー正直被ってもいーやーと思いつつ品定めしていたのですが、そーいやその内の一人のおばちゃんが体調の為甘い物は控えてたことを思い出した。現在進行形でお世話になってるし。よってお菓子却下。
何かほかにちょうどいい物はないものだろーかとあちこち見ていたところで目に留まったのがふきん。集まるのは皆主婦、日用品的に使う物だしふきんはふきんでも普段じゃ買わないちょっといい物ならいいんじゃない?
 
で、こちら。白雪ふきん
 

 
柄も豊富だし送料無料でお得です。
 
 
たかだかふきんに400円前後のお金をかけるなんてと、自分で買うことはありませんでしたが、以前に知人からいただいて使ってみたらガーゼが幾重にも重なってふわふわかつ丈夫で使い勝手がいいし、柄がかわいくて本当に気に入ってしまいました。
予算に足りない部分はプチスイーツで補うとして、人数分すべて違う柄の物を購入し包みました。今回は中が見えないようなラッピングでしたが、透明フィルムで包んでみんなでワイワイ選べるように配っても楽しかったかなと思います。受け取った方々からは、実際に時々奮発して買って使っているという方もいて、みんなから好評だったのでよいチョイスができたのかなと自己満足です。
ただ、ちょっと買いすぎちゃった体で自分の分も買っておけばよかったなとこっそり公開していたりして(笑)
 
 
 
さて、今回はハンカチはあえて選びませんでしたが、普段はプチギフトにハンカチを選ぶことは結構あります。老若男女使うしね、タオル地なら消耗しやすいしね。価格帯も500~1,000円だし、ちょっとしたお菓子を付ければ使える幅も増えるしね。相手にどんな色柄の物が合うかなと選びやすいのも、ハンカチのいいところだと思います。
最近はハンカチでも刺繍入りとか選ぶこともあります。ネットだとハンカチそのものがあまり選べなかったりしますが、百貨店のタオル屋さんとかで刺繍を入れてくれたりします。自分の名前やイニシャル入りのハンカチを貰うと、ちょっと特別感があって喜ばれますよ。
  
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ